タブレット学習

発達障害の子どもの勉強

タブレット学習 発達障害の子におすすめ

投稿日:

タブレット学習 発達障害

発達障害、グレーゾーンと呼ばれるお子さんの学習に、タブレット学習は向いていると言われます。

学校の授業が苦手、勉強についていけない・・・そこからさらに勉強に苦手意識を持ってしまう。

分からない、つまらないからもっと勉強に苦手意識を持ってしまう、拒否感を示してしまう。

そうした子供たち、発達障害の勉強方法としてタブレット学習が適していると言われます。

療育の先生からもおすすめされた、といった方もいらっしゃるかもしれません。

タブレット学習の中には、発達障害、グレーゾーンのお子さん向けにも開発された教材もあります。

タブレット学習が発達障害のお子さんにおすすめされる理由、またおすすめのタブレット学習についてもご紹介しています。

発達障害の子供たちが苦手なこと

発達障害の子供たちが苦手、と言われることの中には、

  • 字を書くこと
  • 字を読むこと
  • 集中力
  • 話すこと
  • 目から入る情報の認識
  • 一時的に覚える

などがあります。

どれも、勉強のために重要なものです。
しかし、こうしたことが、発達障害の子供たちは苦手といえます。

学校での勉強は「紙と鉛筆」を使っての読み書き、計算が中心となります。

そのため、学校の勉強中に鉛筆を使って文字を書く、計算をすることが上手くいかずに苦手意識がどんどん強くなってしまう・・・といった可能性があります。

また、教室で学ぶ時、先生が黒板に文字や計算式を書きますが、それをノートに書き写すことになります。

発達障害の子供たちは、視線のジャンプが苦手な子も多いと言われます。

視線のジャンプ、つまり、さっきまで黒板のどこを書いていたか分からなくなる、ということです。

問題を解いて、答え合わせをする時も同様に、どこまで答え合わせをしたか、どこから答え合わせをしないといけないのか、といったことに困ってしまうことが多いことからストレスを抱える可能性があります。

学校の授業は普通学級に通っていれば、40人近い児童数になっているクラスも多いでしょう。

教師が一人ひとりをフォローするにも限界があります。

自宅で子供たちの勉強をサポートしてあげる必要があります。

タブレット学習 発達障害の子におすすめされる理由

タブレット学習が発達障害、グレーゾーンの子供たちに良いといわれる理由、おすすめの理由があります。

  • 文字を書かなくて良い
  • 読まなくて良い
  • 自動で答え合わせができる
  • 自分のペースで学習できる
  • 視線がジャンプしなくて良い
  • キャラクターなど子供の興味を惹く教材作り

タブレット学習がおすすめされる理由はいくつかあります。

それぞれ、見ていきましょう。

文字を書かなくて良い

タブレット学習は、基本的には字を書くことはありません。

答えを選んで、答え合わせをしていく問題が多いです。

もちろん、「文字を書く練習」もありますが、なぞっていく練習から始まり段階を踏んでタブレット端末で文字の練習ができるようになっています。

分けて勉強出来ることも、集中力が途切れがちな発達障害の子供たちには合っていることが多いようです。

読まなくて良い

タブレット学習の場合、見るべき場所はある程度決まっています。

タブレット端末という範囲内だけですから、視線をあちこちに移動する必要がありません。

またタブレット上の情報量もそこまで多くないため、集中力が保ちやすいということもあります。

自動で答え合わせができる

タブレット学習は、自分や親が答え合わせをする必要がありません。

システムが自動で○付けを行ってくれます。

その場ですぐに答え合わせが出来ることは、大きなメリットといえます。

自分のペースで学習できる

タブレット学習の場合、利用する教材によって1回の学習時間の想定は異なりますが、1回10分~15分といった学習時間で学べるように作られていることが多いです。

また学習に関しても、スモールステップと呼ばれますが各単元をさらに細かく区切っているために、少しずつ子供のペースで進められるようになっています。

集中力がなくなってきた、と思ったらそこで勉強をやめて、改めて翌日始めるなどもしやすいメリットがあります。

視線がジャンプしなくて良い

タブレット学習の場合、学習に必要な情報が全て画面上に収まっています。

そのため、視線をジャンプさせる必要がありません。

「どこまで見たっけ・・・?」

といったことが無いこともタブレット学習のメリットといえるでしょう。

キャラクターなど子供の興味を惹く教材作り

発達障害の子供に向いている、おすすめ、と言われるタブレット学習のほとんどは、子供たちの集中力を維持するための工夫を様々取り入れています。

キャラクター、音楽、効果音など興味を途切れさせない工夫は、紙の通信教育には無いものといえます。

それらによって、学校の授業や紙の通信教育では集中力が維持出来ない子供たちも、集中して学習を進めていくことが出来ます。

発達障害の子におすすめタブレット学習

発達障害の子供たちにおすすめできるタブレット学習があります。

ご家庭での学習には、こうしたタブレット学習を利用されると、お子さんの学習に役立つのではと思います。

親の負担を減らす、という意味でも経済的に利用可能なのでしたらタブレット学習を利用して学習を進められることをおすすめしたいと思います。

すらら 発達障害児のための学習教材

すらら 発達障害のお子さんにおすすめの理由

タブレット学習も色々とありますが、発達障害の子供たち向けに開発された教材として、「すらら」があります。

「すらら」は子どもの発達科学研究所と共同開発された教材です。

すらら 発達障害の子どもにおすすめの理由

すららは無学年制の教材でもありますので、苦手科目は学年を戻ってしっかり復習することが出来ます。

また得意な科目、興味を持った科目については先取り学習で進めることが可能です。

特定の科目に強く興味を持つ、楽しいと思ってくれたら、やはり伸ばしてあげたいですよね。

詳しくは、すらら公式サイトにてご確認ください。

⇒ すらら 発達障害の子供の自宅学習に適した理由

すらら 無料体験・資料請求

すららは他のタブレット学習と比較して、サポートも手厚く、子どもの発達障害に関して専門機関と共同開発といったこともあり、料金を比較すると高めといえます。

しかし、家庭での学習に高い効果が期待出来ることから、多くのご家庭で利用されています。

興味のある方は、すらら無料の学習体験や資料請求で検討されてみてはいかがでしょうか。

⇒ すらら 詳細はこちら

チャレンジタッチ

キャラクターが登場して子供たちの興味を惹く仕掛けが多いのがチャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)です。

英語学習も進研ゼミ小学講座でスタートしましたので、バランスの取れたタブレット学習となったといえます。

チャレンジタッチには発達障害に特化した教材はありませんが、

⇒ ベネッセが運営する「発達障害支援サイト」

で、発達障害のお子さんの自宅学習に役立つコンテンツ、チャレンジタッチの使い方などを見ることが出来ます。

小学校低学年など、自宅学習の習慣付けをしたい場合やタブレット学習の中でも、より子どもの興味を惹く作りになっている教材を利用したい場合には、進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチはおすすめといえます。

⇒ ベネッセ 進研ゼミ小学講座 無料体験教材・資料請求はこちら

その子に合った学習方法を見つけてあげることが大切です

発達障害のあるお子さんの学習で、ご家庭の果たす役割はとても大きいです。

ご紹介したようなタブレット学習は、その大きな助けになるものといえます。

紙の通信教育には無い強み、メリットがタブレット学習にはたくさんありますから、ご家庭での学習にぜひお役立てになってみてはいかがでしょうか。

お子さん一人ひとりに合っている学習方法がきっとあると思います。

⇒ すらら 発達障害の子供の自宅学習に適した理由

⇒ ベネッセ 進研ゼミ小学講座 無料体験教材・資料請求はこちら

-発達障害の子どもの勉強
-, ,

Copyright© 小学生タブレット学習おすすめ 徹底比較! , 2020 All Rights Reserved.